上半期ツーリングシーズン終了。

今年も前半のバイクシーズンが終わりとなりました。

今シーズンはバイクの乗り換え(バイク降りる予定でした)が有ったり、ゴールデンウィークのロングツーリングが無かったり、代わりに2月に6日間の休みがあったりといつもと違いましたが、無事故無検挙、立ちゴケ1、破損による部品交換無しで終わりました。

R1200Cは12年(3年ほど所有してただけの期間あり)87000キロ。2015年12月まで。

この間、知人で同じモデルのバイクが一台有ったのと、バイクショップで一度同じのを見たのを除くと、止まってる時に遭遇したのは無しで、すれ違いは数回と全く見かけないバイクでした。

分割本州全県下道制覇はこのバイクでした。


R1200GS、2015年12月12日より新しい相棒に。

2012年型、空冷(空油冷)最終型で3年落ち、走行2170キロ。

早くバイクに慣れようと伊豆一周へ数回、2月に連休があって、四国ツーリングへ出たりと、5月末時点で13000キロ。

やっとバイクに慣れてきた感じがします。

タールマカダム、グラベル(当然か)共に1200Cとは比較にならない程の高い走行性能。

積載量も方法も安定。

今のバイクライフのスタイルには今度の方が適合してます。

前のバイクよりエンジンパワーがあるせいかリアタイヤの減りがはやい。

オイル消費もまだ多いかなぁ。

全く乗らないわけでは無いですが、9月まではメンテナンス期間。

来シーズンもよろしく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。