ヘルメットの補修

バイクのヘルメットの修理のお話。
修理補修と言っても、物がモノなので、構造物に手を加える訳ではありません。

先日のツーリングの途中で、スピーカーの片側が音が出り出なかったり。
ずっと片側の音が出なくても違和感有るのですが、振動で片側なったり、ステレオになったりされると、軽く乗り物酔いのような感じになります。
ヘルメットの内部の配線が、バイク降りる時にはケーブル引っ掛けるのが原因で切れかかってるようなので、

20140519-093018-34218232.jpg

わざと引っ張って、トドメをさしました(笑
本日はその後始末です。

20140519-093158-34318722.jpg

20140519-093158-34318913.jpg

内側のバッドを外したのでついでに洗濯。
洗えるのもですが、傷んでも部分交換できるのでいいです。

20140519-093313-34393581.jpg

シールドも全部取って洗います。
可動式のスモークパイザーがついてますが、これのおかげでサングラス持って歩かなくてすむようになりました。
真っ暗なトンネル入っても慌てないですみます。
以前使ってたモデルはチンガードも外せたのですが、これは取れない模様。

配線は予想通りのところが予想通りに切れていたので、簡単に接線しておしまい。
音がでるかのテストはしてないけど、まぁ、大丈夫でしょう。

2 comments for “ヘルメットの補修

  1. ツレ
    2014/05/22 at 23:52

    その配線補修で、妙に甲高い声になったり、宇宙人の声になったりしたら、
    面白いのにね~
    と思ったり(笑)

    • naokiis
      2014/05/22 at 23:57

      どう間違ってもそれはないと思います(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。