iTunesMatch使用開始

バイクでもキャンプでも旅でも無く、iPhone関連ネタです。
絵もなく、写真も無く、文字だけの記事でございます。

iPhoneは3Gの後半からずっと使い続けてます。
その前はiPodtouchで、さらに前はハードディスクの入ってたiPodで音楽を聞いてました。

さて、iTunesMatchが日本でも始まってますね。

ちょっと迷いましたが、ライブラリを確認したところ、手元に音源のない128kbpsの曲が沢山有ったのと、iTunesで購入した曲が30曲ほど有りました。
基本というか、ほとんどiPhoneでしか音楽をきかないので音質に拘った所でたかがしれてますが…

ちなみに環境はiPhone 5sからデジタル出力して、iBassoのDAC内蔵ポータブルアンプを通してSHUREのイヤーフォンでならしてます。
再生アプリはUBiO。

iTunesの曲は標準だと128kbpsでDRM付。
iPhoneの純正アプリ以外では再生できない事がほとんどです。

matchを使うと、iTunes購入曲は256kbpsのDRMフリーで再ダウンロードできます。
plusで購入したのと同じ状態になります。

手持ちの底ビットレートの曲はiTunesstoreの曲とmatchすれば256kbpsでダウンロードできます。
曲名やタグ、再生時間などの簡単な所でmatchとってる訳では無いようなので、変なところから持ってきた曲はマッチしないらしいです。

まぁ、他にも色々機能あるのですが僕はDRMフリーと128を256にしてくれるだけて十分です。

年契約なのでちょっと高く感じますが、月に300円ちょい。
ガラケーのころ、訳の分からんサービスに毎月何百円も払ってたの考えたらたいしたことはありません。

マッチして256に変換された曲は、ローカルに落としてあれば解約後も聞くことができるそう。

マッチング作業にかなり時間がかかるのが面倒ですね。
僕は夜家にいる間だけしか接続しなかったので4日ほどかかりました。
曲数、回線速度、あとは繋っぱなしならもっと短時間で済むのでしょうね。

人によっては良サービスではないかとおもいます。
ストレージ的に困って無いので、2年目は継続するかわかりませんが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。