バイクの補修

土日、時間が空いたのですが、天気がイマイチだったのでバイクの補修。
10年目に入った我が家のバイク。
色々傷んできてますので時間のある時に少しずつなおしています。
今回はハーネスの保護チューブとタンデムシートカウルの欠けの補修。
バイクも電気を使うところが多いのでたくさんの電線が張り巡らされてます。
束ねて、ゴムなどのチューブで保護されているのですが、これが経年劣化でボロボロになってきます。

20140422-204319.jpg

今回はシート下を通ってリアの灯火類に行ってる線。
前から気になってましたが見えない部分なので後回しになってました。
両端が結線されているので筒状の物を通すわけには行きませんので、僕はこんな物を使います。

20140422-204609.jpg

包んでマジックテープで合わせると筒状になります。
防水性は無いですが、作業前の状態を考えたら防水は必要なさそうですね。
仕上がりはこんな感じ。

20140422-204850.jpg

よくハンドル周りの見える部分でゴムが切れたりしてるのを見かけますが、結構簡単に綺麗になりますよ。

そしてカウルの補修。

20140422-205413.jpg

ネジの受けの部分ですが割れてしまってます。
多分キャンプ道具固定の時にカウルに干渉してて力がかかったと思われます。

20140422-205616.jpg

型取り用の特殊な素材を使って壊れてない方から方を取り、そこに樹脂の粉を入れます。

20140422-210637.jpg
そして溶剤を入れると粉が樹脂になってパーツが出来るので、欠けたり割れたりした部分に接着します。

20140422-210801.jpg

接着も粉と溶剤を使うのでかなり強度は出ます。
で、型取り以降の写真が無いと‥

まぁ、綺麗に出来上がって無事元の場所に固定できました。

せっかくバラしたのでメッキパーツも磨きましたよ。
くすんでましたが、

20140422-210328.jpg

20140422-210401.jpg

綺麗になりました。

20140422-210433.jpg

次回はフロント周りバラします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。